アンチエイジングで美肌を取り戻そう!美肌を作る4大要素とは?

肌トラブル

女性ならば誰もが憧れる赤ちゃんのような美肌!

そんなお肌を手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか?

歳だからもう仕方ない・・・。そんなことありません。正しいアプローチを行えば、美肌を取り戻せることが可能です!

そこでここでは、年齢にも負けずに、美肌を手に入れるための4つのポイントを紹介します!

そもそも美肌ってどんな肌?

そもそも美肌とはどんな状態のお肌でしょうか?

赤ちゃんのお肌を想像してみてください。透明感と潤いがあり、プルンとしたハリがありますよね。これが理想的なお肌です。皮膚の再生能力も高く、少しの傷やトラブルもあっという間に修復してしまいます。

◆美肌の条件① 透明感

肌にくすみやシミがない状態です。透明感を保つためには、お肌の新陳代謝がやバリア機能が整っていることが不可欠になります。

◆美肌の条件② ハリ

肌に弾力があり、小じわやたるみがない状態です。ハリのあるお肌を作るには、お肌の真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が十分に保たれていることが大切です。

◆美肌の条件③ 潤い

お肌に充分な水分がある状態です。お肌の潤いはツヤやハリ、透明感にも繋がります。潤いを保つにはお肌が水分を保持する力を保つことが大切になります。

赤ちゃんの肌ってなんでプルプルなの?

答えは、代表的な美肌成分の「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」「セラミド」がたっぷり満たされているからです。そしてお肌のターンオーバーのリズムが整っています。

残念ながら、加齢などによって、潤いや弾力を支える美肌成分は失われていきます。そして、生活習慣の乱れやストレス、などの様々な要因によって肌のターンオーバーが乱れて肌トラブルの原因となるのです。

ですから、これらを正常なリズムに整えるアプローチが美肌へ繋がります!

赤ちゃんのようなお肌を目指して、少しづつ美肌に近づいていきましょう!

美肌を作る4大要素とは?

では美肌を手に入れるためにはどのようにすればよいのでしょうか?ここでは美肌を作るために必要な4つの要素について紹介します。

◆美肌を作る要素① 食事

美肌を作るための大切な要素の一つ目が食事です。美肌を作るには、体の中からケアしていくことが大切。美肌を作る栄養素や女性ホルモンの働きを助ける食品を摂るのがポイントです。

そして、「肌の状態は腸内環境を表す」というほど、腸内環境とお肌は密接に関係しています。不要なものを排泄して、必要な栄養素を効率よく吸収するためには、腸内環境を整えることがとても大切です。

その上で、美肌に良い栄養素やホルモンバランスを整え得てくれる食品を取り入れましょう。

◆美肌を作る要素② 睡眠

2つ目は良質な睡眠です。肌の再生や修正を行う良質な睡眠は美肌作りに欠かせません。就寝環境作りや、ストレッチなどで睡眠の質を向上させましょう。またストレスは美容と健康にとって天敵なので、ストレスをこまめに解消することも大切です。

◆美肌を作る要素③ 運動

美肌のために必要な要素3つ目は運動です。美肌作りには、全身に酸素や栄養素を運び、老廃物を排出する血液とリンパの流れをスムーズにすることが大切

運動不足は、血行不良やリンパの滞りに繋がります。美肌作りに効果的な運動で、血流をアップさせ、リンパの流れを促進させましょう。

◆美肌を作る要素④ スキンケア

4つ目はスキンケアです。間違ったスキンケアは肌のバリア機能を破壊し、肌荒れや乾燥を引き起こす原因となります。肌質や年齢に合ったスキンケア方法や、肌が本来持つバリア機能を高めるスキンケア法で美肌作りをサポートすることが大切です。

また、美肌の大敵である紫外線は徹底的にブロックしてシミやしわのない美肌を目指しましょう!

まとめ

美肌を作るために必要な4大要素について見てきました。

これらをすべて実行するのは難しいかもしれませんが、日常の生活の中で取り入れられることばかりですので、できるだけ心掛けて美肌を手に入れましょう!